-私達が育てた果樹の食べごろを味わって下さい。-

理想園ロゴ
  • さくらんぼ
  • 白桃
  • ぶどう
  • ワイン
  • 会社概要
  • 初めてのお客様へ
  • お客様の声
 

こだわりの7ヵ条

桃と葡萄の専門店理想園の7か条
メインイメージ
早摘みはしません。果樹の美味しさにとことんこだわります。
大人気の「桃」夏の代用的な味覚の1つと言ってもよいと思います。
また、1年でこの時期しか食べることができない貴重な果実です。

桃を好きな人は多く、贈り物には大変、おすすめですが、「桃」は、非常にデリケートです。
「桃」は、糖度(甘み)と酸度(酸っぱさ)のバランスが極端な果物です。なんと酸度がほとんどない果物の一つです。
酸度が少ない果物は、少なく、貴重な果物ですが、デメリットとして痛みも早いんです。
その為、収穫時期は、慎重に選ばなくてはなりません。
早ければ、味が薄い早摘み、早熟。(見た目がよくても、美味しくありません。)
遅ければ、追熟。(宅配ができません。)

  ちょうど良いタイミングに収穫しなくてはならない為、
収穫期は、頻繁に畑で熟度状態を確認しながら丁寧に収穫していきます。
大変な作業ですが、そこに「こだわり」、産地直送をしております。

また、桃は、外観は似ていますが、品種ごとに特徴や収穫時期が異なります。
 ・やわらかくなりやすい品種
 ・やわらかくなりにくい品種
 ・7月初旬に食べごろを迎える品種
 ・8月中旬に食べごろを迎える品種 など様々です。
さまざまの特徴を知り、その品種にあった収穫時期を選んで収穫します。
光センサーの活用や熟練の配送責任者が食味もチェックします。

収穫担当が、その日の食べごろを選んで収穫しますが、大切なお客様に
商品をお届けする為には、さらなる厳選なチェックが必要です。

「光糖度センサー」を採用しています。

外観では、判断しにくい「桃」に数か所に光センサーを当てチェックします。
光センサーを活用して、甘さを示す「糖度」を調べています。

センサーで合格した商品を、配送責任者がすべての商品を肉眼でチェック後、コンテナ単位で、無作為で食味を選びチェックを行います。

日本人の味覚は、非常に繊細です。舌が感じる甘み、食べた時の触感などチェックしてみます。

光センサーだけで終わらず、「食味」を行う。
この二つのチェックを行い、お届けする商品に自信を持って宅配します。

(補足)光センサーを使うのは「桃」のみです。葡萄は、糖度計を利用しています。

契約農家と作業の分業化と果樹のベストな状態を
見逃さない為にもプロとして緊張関係を保つ。

先ほど、桃は収穫するタイミングが重要という話をしましたが、食べごろに「こだわる」と1本の木で、全部、同時に収穫ができません。その理由は、 1玉ずつ、収穫のタイミングが異なるからです。その為、選びながら、収穫します。 この作業が非常に手間がかかります(汗・・)

また、収穫期を迎えた、多くの桃農園はこの時期に人手不足は課題であり、
手が回らず、収穫のタイミングを逃したりすることがあります。

収穫期の労働が、極端に多くなり、11月〜3月までの休眠期は、焦らず、作業ができる。
1年の流れの中で、すごく極端な仕事量なのです。

プロとして、譲れない緊張関係!!
創業40年の中で、親戚をはじめ、沢山の契約農家様と一緒に農園を続けてきました。中には、「品質にこだわる」私たちに、ご理解いただけない場面もありました。しかし、「プロとして譲れない思い」を崩さず、時には、厳しく、時には助け合い農園を続けてきました。

これからも、「プロとして、品質にこだわる」緊張関係を保ちながら、栽培していきます。

食の安全、おいしい事も大切ですが、安全が一番大事。

お客様が一番気になる部分が「食の安全」です。おいしい事も大切ですが、安全がもっとも大事!!私も大切な家族や友人・知人に紹介する場合にとても気になります。当然、無農薬!!が良いのですが、果樹栽培(桃と葡萄)においては、上手に農薬と付き合うしかありません。私が所属する生産団体に置いても、残留農薬等に関するポジティブリスト制度」が実地され「食の安全」に関する意識も高まってきました。

理想園では、散布量を減らす方法として、「果樹の状態」と「その時の天候」がもっとも重要だと考えています。当園でもJAフルーツ山梨が発行する防除カレンダーを参考に生育期の様子を見たり、県・JA指導員やアグリマスターなどに相談し、無駄のない防除に取り組んでいます。

また、「食の安全」をより考えるようにエコファーマーを取得し環境に配慮した農業に取り組み、生草栽培(ハルミドリ)を使っての栽培などを取り入れ、自園独自の「食の安全」に心がけた果樹栽培を行っています。

堆肥・肥料について

1年に2度(秋と春)に土壌の改善に取り組んでいます。メインは、秋になり ますが、必要最低限の化学肥料と栄養と成分を検査済みの完熟牛糞堆肥を 中心に有機栽培に心がけています。
毎年、感謝の気持ちを込めて、果樹にお礼と来年も元気一杯に新しい命 が芽吹きますように願いながら作業を行っています。

除草剤を極力使わない栽培への取り組み

農作業で重労働の作業の1つに草刈り作業があります。特に5月以降の 暑なる時期にこの除草作業が忙しくなります。大変な、草刈り作業を極力 すくなくする為に除草剤などがありますが、当然、体に良いものではありま せん。

そこで、乗用除草機(ラビットモア)や細かい場所に入れる(手押しモア) などを導入して、極力、除草剤を使わない除草作業を行っています。

できる限り美味しい状態でお届けしたいので、原則、食べる方に直接、お届けします。

果樹を収穫して、出荷して店頭に並ぶまでには、日数がかかります。
桃の場合、収穫してからの賞味期限は、非常に短く、デリケートな果物 です。特に適塾に収穫され、糖度が高い大玉桃は、その中でも特に扱い にくい商品です。

しかし、木で十分に熟した(適熟)で収穫した桃の味は最高です。
適熟に「こだわって」お届けするには、食べる方に直接とどける産地直送が 一番適しています。→理想園の流通の仕組みを紹介

理想園の果実は生産者からお客様へ直送いたします。

理想園では、原則、産地直送することを前提で適熟商品をお届けしています。

また、配送業者は、クロネコヤマト運輸様や郵便局様のサービスを活用しています。
両社とも、翌日にお届けできるエリアも広がり、山梨にいながら収穫した翌日に宅配ができるようになりました。

そして、何よりは専門店として適熟した桃や葡萄を届ける為に、
流通ルートは簡素化してお届けできる「産地直送」が理想的です。

配送についてはこちら
個人農園でもインターネットを活用して全力で情報発信します。

生懸命に栽培をした商品でも、それを購入してくださるお客様と出会え なければ、商品は販売できず、農業が成り立ちません。その為、地域の 生産団体様などのお力を借り、市場出荷するのが一般的な農業のスタ イルだと思います。しかし、店頭に並ぶまでには、関係業者様など手間( コスト)なども掛かります。

また、直接販売する場合も大変です。店頭に来店して頂いたり、紹介を 頂いたりして販売をしていくのですが、全部、作ったものが売れるかも心 配です。それ以外にはテレビCMや新聞広告・チラシを使って、農園の果 樹を紹介する方法もあると思いますが、個人の農園では予算がなく難し いです。

そこで、数年前からインターネットを活用しています。

 ・果樹は「旬」が命!!今の情報が配信できる。
 ・ホームページは低コストで商品を紹介できる。作るまでが大変ですが・・(汗)
 ・写真を見ながら、商品が選べる。ホームページを見ながらの電話注文も多いです。
 ・栽培している思いを熱く語れます♪
 ・今まで出会えなかった「北海道・沖縄県」のお客様にも紹介できる。    など、様々です。

2010年には取組が評価され、経済産業省 中小企業IT経営力大賞認定企業として認定していただきました。

笑顔。お客様に顔が見える果樹園と地域の遊休農地撲滅に貢献することを目指します。

通信販売の場合、直接お会いができないので、 中にいれるパンフレットを写真付きで付けております。
「桃の食べ方・保存の仕方」「果樹栽培の場所(売店や農場)の様子」 「栽培風景や担当者」など、初めての方でも安心できる同梱物をお付け しております。

また、東京から中央自動車道で約90分。「勝沼」インターから5分の場所 に理想園はあります。果樹の収穫時期7月〜10月末まで期間運営です が早朝 6:00 にはオープンしています。

直営農園では、実際にお客様が圃場に入り「収穫体験」が楽しめる「桃 狩り・ぶどう狩り」を開催しています。特に試食や生産者や担当と顔を見 ながら話ができるのも好評を頂いています。また、荷作り現場なども売 店と隣接してるので見ることができます。

地域の遊休農地撲滅に貢献する取り組み

私どもの地域でも、生産者の高齢化が進み、遊休農地が増えてきました。県や市、生産団体の協力を頂き、
少しでも遊休農地を減らし、地域の資源向上に貢献ができる農園を目指します。