【6月15日から収穫〜】サクランボの最高峰 紅秀峰 500g化粧箱ギフト   

C03

4,000円(内税)

配送時期を選ぶ
北海道・九州・沖縄地区配送のお客様はクール便(220円)が追加されます。
購入数

理想園の紅秀峰1 「さくらんぼ」は、沢山の種類がありますが、受粉に必要な品種を除き、他の品種は、取り扱っていません!!サクランボの中で一番美味しいと言われる「佐藤錦」「紅秀峰」の最高の状態でする事を考え栽培しています。
その為、複数の人で収穫はしません。生産者を特定して熟度の
「目利き」と収穫する圃場の状態を熟知した栽培責任者が収穫します。そこに拘るのは、自然の中で育つ農産物は、全てが同時に食べ頃を迎えない為、状態を見分けて収穫しなくてはならないからです。
「さくらんぼ」は、非常にデリケートな商品です。
「傷みやすいから」と言って早摘みをしてしまうと美味しくありません。だから栽培者を特定して収穫をしています。摘熟を迎えた果物は、栄養価も高く、味も最高です。
産地から、その味を届けたくて販売をしています。

そして、「鮮度にまさる技術なし」と考えています。
どんなに素晴らしい商品であっても収穫してしまうと、鮮度が失われはじめ、品質が変わります。直売店は、産地にあり、生産からお届けまで、私たちが確認をしながら直送することをお約束します。
理想園の紅秀峰2
佐藤錦を抜く、高級品種が紅秀峰(べにしゅうほう)です。私が大好きなサクランボです!さくらんぼと言えば「佐藤錦」が最高と思ていただけに衝撃でした。紅秀峰の特徴は濃厚の味と果肉の触感。非常にリピート率が高く、例年、大人気商品になりました。4月の注文では、理想園のプレミアム白桃を抜いて「紅秀峰」が一位!!
紅秀峰がランキング1位 収穫時は、佐藤錦と若干、重なるので食べ比べもお勧めです。

ただ!!
国内で栽培されている「紅秀峰」はすべて同じ味でしょうか?
そして、理想園では、どのような基準で、栽培されているのか?

商品だけだと見えない部分が意外と多いです。

そこで商品ページでは、紅秀峰の特徴・栽培環境を紹介します♪
理想園のサクランボ栽培環境
山梨県では、サクランボの産地として大きく2つあります。1つは南アルプス地区と峡東地区です。私たちのサクランボは、峡東地区にある甲州市塩山下萩を中心で栽培しています。この地域は、市内の中でも標高が高く、寒暖差が大きい場所です。さくらんぼは寒い地域の果物です。落葉果樹であるさくらんぼは、冬の寒さに一定時間遭遇するという低温要求を満たさないと休眠から覚めないと言われています。 さくらんぼは、寒い地域である東北・北海道が主要産地で、山梨県はさくらんぼ栽培の「南限」とも言われています。 周囲の山に囲まれた山梨県は、内陸性の気候で冬はかなり気温が下がることから、さくらんぼ栽培の適地です。 もちろん、冬は寒いだけではなく、果樹栽培には欠かせない日照時間も長いのも特徴です。 紅秀峰の生産者 お届けするサクランボの栽培から収穫を、農業の第一線で活躍する「アグリマスター」「指導農業士」として地域の生産をリードする生産者にお願いしています。ちなみに佐藤錦は田中さんにお願いをしています。
なぜ、生産者に拘るのか!!

それは、果樹を取り扱うとわかる収穫の難しさです。 同じ環境で栽培しても収穫する場所や時期で、ぜんぜん味が変わります。収穫するタイミングが違うと別物。だから、生産者に拘っています。 宅配用には、本州地区は翌日届く事を前提に摘熟(てきじゅく)で収穫をします。九州や北海道エリアは、翌々日(2日間)届く事を前提にしています。また2日かかる地域にはクール宅急便を必須にしています。 早く摘みすぎると、甘味が薄く、遅すぎると玉ハリが弱くなります。絶妙なタイミング!!難しいからこそ、こだわる価値があります。商品が到着したら摘み立てのパリとした触感も楽しんでください。 さくらんぼインフォメーション

レビューはありません。